ヒント

コケダマの吊り庭の作り方

コケダマの吊り庭の作り方

推奨植物:
-ヘミグラピス
-バルフォアアラリア
-ポトス
-フィロデンドロン
-エスパラゲラ
-鹿の角シダ
-Hypoestes phyllostachyaまたは血の葉
-シダの巣
-ベゴニアレックス

避けるべき植物:
-開花植物(ランなど)
-多肉植物
-クラントリロ
-明アラリア

広告-続きを読むコケダマとは?

こけ玉 日本語で「苔の玉」を意味し、美しい盆栽の一種であるだけでなく、1日の午後に簡単にできる工芸品でもあります。ニューヨークのガーデンデザイン会社であるEmbark GardenのオーナーであるRobynne HeymansとMike Maddenは、これらの吊りプランターを5つの簡単なステップで作成する方法に関するアドバイスを共有しています。

こけ玉を作る材料

-盆栽の土地
-ピートモス
-水
-小さな植物
-モスアイアン
-ロープ

Heymansは、化学添加物を避けるため、可能な限り有機製品の使用を推奨しています。ほとんどの苗床、肥料店、または金物店でピートモスと盆栽の土壌を見つけることができます。

地球を準備する

盆栽土の半分とピートモスの半分を混ぜ、それが濡れるまで水を加えます。

土壌混合物で植物の根の周りにボールを形成します。

コケで包む

挽いたボールを苔で包みます。

それをすべて結びます

アースボールと苔をロープで包みます。

ハングアップする

ハングする別のペンダントを追加します。

庭の毎日の手入れ

-植物と土と苔のボールにスプレーで毎日スプレーするか、小石と水のトレイに置いて水分を吸収します。

-ご家庭の光の量と湿度に応じて、3〜5日ごとに1回、直接水を入れてください。ボールが乾くか、少し軽くなったら、再び水をやります。葉が落ちるまで待たないでください。

-ボールが十分に浸るまで、ボールを蛇口の下に入れるか、水を入れた浅いボウルに入れます。再び吊るす前に、流しに流してください。

-コケダマを北向きの窓に直接吊るすか、南向き、西向き、または窓から約60/90 cm離します。明るいが間接光が必要です。

-冬にはラジエーターに近づかないでください。

-落ち葉を切らなければなりません。

-植物の成長に応じて、年に1〜2回植え直します。

Via:House Beautiful US